個人でもホームセンターやドラッグストアで市販されているネズミ駆除グッズを使い、ネズミを駆除することは可能です。

ネズミ駆除グッズの代表的なものとして、バネ式の罠、カゴ式の罠、粘着シート、毒餌を挙げることができます。それぞれどのような特徴があるかみてみましょう。

バネ式・カゴ式の罠

家庭で使用することができるネズミ駆除グッズネズミの駆除と聞くと、アニメなどのシーンでよくみるチーズでおびき寄せてネズミを捕まえるバネ式のネズミ捕りを思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか?

バネ式の罠は市販されており、バネで挟み込む力によって、捕まったネズミはほとんど死んでしまいます。設置はとても簡単なので使いやすいグッズと言えるでしょう。一方、カゴに閉じ込めるタイプのカゴ式罠は、ネズミを生け捕りとして捕まえます。そのため、捕まった後の処理に手間がかかるというデメリットがあります。

粘着シート

粘着シートは、ネズミの通り道に設置し、ネズミがシートにくっつくのを待って捕まえる方法です。ネズミが生きたままシートに捕まるので、捕まった後の処理に手間がかかります。

他のネズミ駆除グッズと比較すると安価ですが、ホコリが積もったりするので、設置してから時間の経過と共に少しづつ効果が薄れていくというデメリットがあります。また、ネズミの通り道に設置しなければ、効果を期待することはできません

毒餌

毒餌は、古典的なネズミの駆除方法としてよく知られています。最近の毒餌は、そのまま置くだけでネズミが食べることができるものが市販されています。

毒餌はとても効果的ですが、使用する場合は、ペットや幼児が誤って口に入れてしまわないよう注意する必要があります。また、見えないところでネズミが死んでしまった場合、その死骸を探す必要がでてくるので後処理に手間がかかるのも事実です。

まとめ

どのネズミ駆除グッズもとても効果的ですが、一番ポイントとなるのは駆除グッズの設置場所です。しかし、プロのネズミ駆除業者は、経験やスキル、専門的な知識があるので、ネズミの通り道などを正確に判断することができ、正しい位置に駆除グッズを設置することができるので、効率よくネズミを駆除していくことができます。

また、ネズミの死骸はとても危険なので、死骸の処理は慎重に行う必要があります。自分で対処しても効果が見られなかったり、死骸の処理が不安な方は、専門のネズミ駆除業者に駆除を依頼することをおすすめします。