日本では、多くの種類の動物が鳥獣保護法により保護され守られています。しかし、わたしたちの生活に被害を与える一部の動物は保護の対象外となっており、その中にはネズミも含まれています。

ネズミを放置しておくなら被害は拡大する一方なので、早急に処置をする必要があります。そこで手掛かりとなるのが「ラットサイン」です。ラットサインとは何なのでしょうか?

「ラットサイン」とは?

ラットサインでネズミを効率よく駆除効率よくネズミを駆除するためは、ネズミがどのような経路を利用しているかを突き止めることがカギとなります。しかし、ネズミは警戒心がとても強いので、滅多に人の前に姿を現すことはありません。

そこで手掛かりとなるのが「ラットサイン」、つまり、ネズミが残した痕跡です。これを手掛かりとすることで、ネズミの存在や侵入経路を突き止めることができます。ラットサインは主にネズミの尿や糞、汚れ、足跡などです。

ネズミは基本、同じ経路を何度も往復するので、汚れが蓄積されていきます。また、尿や糞のニオイなどからもラットサインを見つけることが可能です。

ラットサインを利用したネズミ駆除とは?

ラットサインを見つけることができれば、それを利用して効率よくネズミを駆除することが可能です。その方法として、まず捕獲機や粘着シートをネズミの通り道に設置する物理的防除という方法があります。また、毒餌を設置する方法もあります。これらはネズミの通り道に設置することで大きな効果を期待できます。

しかし、ネズミは警戒心がとても強いので、効果を発揮するまである程度の時間を必要とします。また、ラットサインを見つけることができなければ、ネズミが出没する適切な場所にワナを設置することができないので、効率よく駆除することができません。

ネズミ専門の駆除業者に依頼するのがベスト!

素人がラットサインを見つけることは簡単なことではありません。ラットサインを見つけて慌てて入り口を塞いだとしても、家の中にネズミが残ったまま封鎖してしまうなら被害は拡大します。

ですから、ラットサインの発見や、その後の駆除などに自信がない方や不安な方は、自分で駆除するのではなく、最初からネズミ専門の駆除業者の力を借りて作業をすすめることができるでしょう、ネズミ専門の駆除業者なら、ネズミに関する専門的な知識や経験を豊富に保有しているので、効率よくすべてのネズミを駆除することが可能です。

ネズミに関してトラブルを抱えているなら、まずは相談から始めてみましょう。

まとめ

ネズミが残した痕跡、つまり、ラットサインを見つけることができれば、効率よくネズミを駆除することができます。しかし、ラットサインを見つけることは容易ではありません。もし見つけることができないなら、ネズミ専門の駆除業者に駆除を依頼することをおすすめします。