ネズミにはさまざまな天敵の動物がいます。ネズミは小動物ですので、ネズミをターゲットする動物は非常に多く、ネズミはそれらを苦手としています

ですから、ネズミが天敵をする動物を飼っている家は、あまりネズミが寄ってこないことが分かっています。では、ネズミが天敵をする動物には何がいるのでしょうか?

ネコやフェレットなどの哺乳類

ネズミの天敵の動物とは?ネコがネズミを獲得する能力が優れていることで知られています。そもそも現代のネコは、ネズミを捕まえなくてもご飯をもらうことができるため、遊び目的ネズミそ捕まえます。そのため、ネコを飼っているだけでネズミはそれを察知し、住み着くことを避けます

また、野生のイタチはネズミが大好物で、それをペットとして飼うことができるようになったフェレットもネズミ駆除目的で、ヨーロッパを中心に飼われています。日本でもフェレットを飼っているとネズミが出ないという報告が寄せられています。

フクロウなどの鳥類

近年、ペットとして人気のあるフクロウもネズミにとっては天敵です。野生のフクロウの場合、食べるものの約6割近くがネズミやネズミの仲間と言われています。日本では昔、フクロウを使用してネズミ駆除をしていました。

現在では、東南アジア地域ではフクロウを使いネズミ駆除をしているところもあります。ですから、フクロウをペットとして飼っているなら、ネズミの侵入を予防することができるでしょう。

ヘビなどの爬虫類

人間でもヘビを苦手としている方は少なくありませんが、ネズミもヘビを天敵としています。昔の日本家屋では、屋根裏や床下に入り込んだヘビがネズミを駆除していたため、ヘビは家の守り神と呼ばれていました。

現代では、ヘビが家の中に入り込むということはありませんが、ペットとしてヘビを飼っているならそのニオイや存在を感じ、ネズミが家に寄り付かないと言われています。

まとめ

ネズミには天敵の動物がおり、それを飼っているならネズミはその気配を感じ寄り付きません。天敵とする動物には、ネコやフェレットなどの哺乳類、フクロウなどの鳥類、ヘビなどの爬虫類が代表的な苦手とする動物です。

またそれに加え、ハムスターもネズミは苦手とするようです。ハムスターは天敵ではありませんが、その家をハムスターの縄張りだと思い寄り付かないようです。

ネズミ予防対策として、これらのペットを飼ってみるのも一つの方法と言えるでしょう。