ネズミは主に都会や建物の中で生活する「家ネズミ」と、山などに住む「野ネズミ」に分類されています。その中でも家に出現し、被害を与える家ネズミは大きくわけて3種類です。

それはドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。では、これらの種類とその特徴、見分け方について詳しくみてみましょう。

ドブネズミ

家に出るネズミの種類とその見分け方とは?ドブネズミは体長20㎝~28㎝以上で、200~500g、背中が茶色気味の灰色をして、小さな耳をしています。体が大きくて尻尾の長さがそれよりも短かったらドブネズミと言えるでしょう。

ドブネズミは獰猛で、警戒心が強いという特徴があります。泳ぎを得意とし、寒さに強いため床下や排水管などから侵入してきます。また、ビルの地下などの飲食店などに出るのもドブネズミです。

ドブネズミの唯一の弱点は、高いところに登ることです。ですから、マンションなどの高い場所には出ることはめったにありません。

クマネズミ

クマネズミは体長15㎝~25㎝程度で、100~200g、背中が茶黒色をしており、大きな耳を持っています。尻尾が体よりも長く、耳が顔よりも明らかに大きかったらクマネズミである可能性が高いと言えます。

クマネズミは運動を得意とするため、活発に動きます。そのため、外の電線や排水管、排水パイプなどどこからでも簡単に登って侵入してきます。寒さに弱いため、建物の中に巣を作ります。ですから、天井裏で走りまわっているネズミの足音の正体はクマネズミと言えるでしょう。

ハツカネズミ

ハツカネズミは体調6㎝~10㎝程度で、10~30g、背中が白や灰色、黒色などをしており、大きな耳が特徴的です。手のひらに乗るくらい小さなネズミならハツカネズミと言えます。ほかのネズミと比較するならとても小さいネズミなので、小さな隙間にネズミを見つけたらハツカネズミです。

とても小さな体を活かし、どこでも身軽に入り込むという特徴があります。ハツカネズミは寒さに弱いため、特に冬の間は建物の中に住みつくこともあります。

まとめ

家に被害を与える家ネズミには、大きく分けてドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類に分類することができます。それぞれ大きさや外観に特徴があるので、素人でも見分けることは可能です。

また、それぞれのネズミは異なった性格を持ち、発生する場所も異なっています。自分で駆除することも可能ですが、ネズミ自体はもちろん、糞も衛生的によくないので専門のネズミ駆除業者の駆除を依頼することをおすすめします。