ネズミの足音や鳴き声、また、姿を見かけたりしたなら、早急に駆除を行う必要があります。

もしネズミの気配を感じているのに放置しておくならどうなるのでしょうか?ネズミの放置に伴う被害やリスクについてみてみましょう。

ネズミ放置による健康被害

ネズミを放置するとどうなる?ネズミが家に住みついていると、健康面の被害が出ます。特に被害の影響を受けやすいのは、赤ちゃんや小さなお子さん、お年寄りなど免疫力が低下している方です。ネズミは多くの病原菌を保有しており、ダニやノミが寄生しています。

そんなネズミが、家の中を走り回ることでダニやノミ、病原菌などが飛散され、感染症などを発症させるリスクを高めます。また、ネズミの尿や糞、死骸からも病原菌が発生します。健康面での深刻な被害が出る前に、ネズミをすべて駆除し、家族の健康を守りましょう。

ネズミ放置による経済被害

ネズミは健康面の被害だけではなく、経済面の被害も及ぼします。ネズミの歯は生涯伸び続けるため、常に何かをかじっています。そのため、金属類以外のものなら何でもかじり、それにより経済的なダメージを受けることがあります。たとえば屋根裏に住みついているネズミが配線を噛んでしまうと漏電し、最悪の場合は火災になる可能性もあります。

家の柱をかじられてしまうなら、家の耐久性が低下し、家の寿命が短くなってしまいます。キッチンにある食材をかじられてしまうこともあるでしょう。このようにネズミを放置しておくなら、経済被害もさまざまな面から出てきます。

ネズミは放置しないですぐに駆除することが重要!

ネズミを放置しておいても良いことは何ひとつなく、被害が拡大する一方です。ですから、ネズミの気配を感じたならすぐに対策を打つ必要があります。自分で駆除することもできますが、完璧に駆除するには限界があります。

ですから、ネズミ専門の駆除業者に依頼することでネズミの被害を回避することが可能です。そのために、まず信頼できるネズミ駆除業者に相談することをおすすめします。

まとめ

ネズミの気配を感じるのにそれを放置しておくなら、ネズミは繁殖し続け、被害は拡大する一方です。その被害は物損被害だけでとどまらず、健康被害や経済的なダメージも受けます。

そのような影響を受けないためにも、ネズミは放置をせず、すぐにネズミ専門の駆除業者に相談し、一刻も早く駆除対策をするようにしましょう。