自宅でネズミの足音や鳴き声、また、姿を見かけたりしたなら、早急にネズミ駆除をしなければいけません。なぜなら、ネズミを放置しておくなら被害は拡大する一方だからです。

それに加え、衛生面でも危険が及びます。どのような危険性があるのでしょうか?

ネズミは危険な生き物

ネズミの危険性についてネズミは数多くの病原菌を持っています。そのため、さまざまな感染症を発症させると言われています。危険性はそれだけでなく、ノミやダニなどが寄生しているので、その他の被害も誘発させ二次被害や三次被害へとつながっていきます。

ですから、ネズミの気配を感じたなら被害が拡大する前に、早期段階で駆除を行う必要があります。

ネズミがもたらす被害とは?

ネズミは生きている時から、ノミやダニを寄生させ、家の中を走り回り住みついています。これらの害虫もネズミ同様、繁殖力がとても高いので、ネズミの駆除を完璧に行うことができたとしても家中に飛び散っている可能性があります。

ノミやダニには微生物が寄生しているので、人へ連鎖反応として感染してしまうことがあります。もし人に感染してしまうなら病気が発症してしまいます。感染の源はすべてネズミが原因となっていますので、ネズミをすぐに駆除する必要があります。

ネズミはどこに生息している?

ネズミは種類によって生息している場所、つまり、好む環境が異なります。ネズミの中でも一番大きいドブネズミは冷蔵庫付近、クマネズミは屋根裏、ハツカネズミは倉庫などに住みつきやすくなっています。また、キッチンなど自宅にゴキブリが発生しているなら、それをエサとするネズミのとって好みの環境と言えるでしょう。

キッチンにネズミが出没するなら寄生虫が飛散され、感染症のリスクが高まりますので、ゴキブリ駆除はもちろん、ネズミも放置しないですぐに早急の対応をするようにしましょう。自分でネズミを駆除することもできますが、被害を少しでも抑えるためにプロのネズミ駆除業者に依頼するなら理想的と言えるでしょう。

まとめ

ネズミはとても危険な生き物です。数多くの病原菌をもっており、ノミやダニが寄生しているため、さまざまな感染症を発症させるリスクがあります。ネズミは運動能力が高いのでよく走り回るため、ノミやダニを飛散させています。

ネズミによる物件被害も避けたいですが、健康被害も被らないようネズミの気配を感じたなら、すぐにネズミ専門の駆除業者に相談し、ネズミを根こそぎしましょう。